建学の精神・沿革
EVER ONWARD ―限りなき前進―

建学の精神

1 百折不撓「ひゃくせつふとう」と奉仕の精神を有する人に

2 相手を尊敬し礼儀を重んじ誠意ある人に

3 専門的職業人にして且哲学的産業人に

4 ロマンに溢れた近代的社会を創造する人に

5 世界人類に貢献する国際人に

この建学の意義は、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」と「奉仕の精神」を有する人材を育成し、ロマンに溢れた社会を創造し、
真理極点の芸術を創造し、加えて、哲学的産業人を世に輩出することにある。
この哲学的産業人育成の分野と北方地域独特の人間生活環境上でロマンの香りを高め、更に美的空間への線引きというユニークな発想を
実現に近づけることが本学の教育理念である。

目的及び使命

本学のアドミッション・ポリシー

本学は、建学の精神に基づき「教養識見を備えた有能な人物を養成するとともに、高度の知識及び技術の教授並びに学術の研究を為す」
ことを目的として、 「産業の興隆並びに文化の発展に寄与し、もって世界の平和と人類の福祉に貢献する」ことを使命としている。
(学則第1条)

1. 新たな自己を発見し創造していく意欲のある人

2.「百折不撓と奉仕の精神」を中心とした建学の精神に共感し、 多様な状況に適応できる能力を身につけたい人

3. 広い視野をもって国際社会に学び、地域社会に貢献したい人

学園の沿革

昭和39(1964)年  学校法人北海道産業学園設立
北海道産業専門学校の本科及び予科高等部設置
昭和40(1965)年 北海道産業専門学校開設
昭和41(1966)年 北海道産業短期大学開設
昭和51(1976)年 北海道産業短期大学を道都短期大学と改称
学校法人名を北海道櫻井産業学園と改称
昭和53(1978)年 道都大学開学(紋別市)
(社会福祉学部社会福祉学科、美術学部デザイン学科、同学部建築学科)
昭和59(1984)年 北海道産業専門学校 札幌市へ移転
昭和62(1987)年 北海道産業専門学校を道都総合専門学校と改称
平成2(1990)年 道都総合専門学校を専門学校道都国際学園と改称
平成3(1991)年 道都短期大学を道都大学短期大学部と改称
平成4(1992)年 専門学校道都国際学園を道都国際観光専門学校と改称
平成8(1996)年 道都大学美術学部 札幌キャンパス(北広島市)へ移転
平成13(2001)年 道都国際観光専門学校廃止 道都大学経営学部開設
平成14(2002)年 道都大学短期大学部廃止
平成17(2005)年 道都大学社会福祉学部 北広島市へ移転
平成25(2013)年 地域総合研究所設置
教職センター設置
北広島市との連携に関する協定調印
学校法人国際学園との業務提携合意書調印
平成26(2014)年 道都大学通信教育科
(指定保育士養成課程・精神保健福祉士養成課程[短期])開設
学園創立50周年
平成27(2015)年 道都大学通信教育科
(社会福祉士養成課程[一般]・精神保健福祉士養成課程[一般])開設
学園創立50周年式典開催