ある駐在(警察官)がおりました。

駐在は,この町で,人々が気楽に交流する方法を考えていました。

はじめは,散歩の行き帰りの年寄りたちが一休み,

そして,年寄りたちのアイディアの,観光案内所となりました。

笑い声が,いつも溢れて,町のオアシスのようです。

町の頼りの,駐在は,

今日も笑い声に送られて,パトロールにでかけます。







ある青年がおりました。

青年は,失業し,何が自分に適した仕事なのかを考えていました。

この町にやって来たのは,あてがあってのことではなく,

ただ,この観光案内所を,本で観たことがあったからでした。

笑い声が,外までもれてきて,久しぶりにホッとしたのです。

不思議な縁で,青年は,

今日も笑い声に送られて,お客を乗せて観光案内にでかけます。






審査委員長

倉本 龍彦

















■ 課題名

■ 設計条件










■ 敷  地





■ 応募資格


■ 提出図面






■ 用  紙




■ 仕上げ

■ 応募方法




■ 締切日

■ 提出先



■ 審査員


■ 審査・表彰




■ 入  賞






■ 結果公表




■ 図面返却


■ 専用HP

■ ジュニアマイスター
  顕彰制度


■ 受験特典



■ 問い合せ先





■ 敷地図



   “町の駐在所の家”  

ここは,ある地方の「駐在所」です。夫婦が住む駐在所は,いつの時からか,町の「観光案内所」を
兼ねるようになりました。
観光案内所は,年寄りたちが集って来て,いつの時からか,僅かな棚で,手作りの物産品や工芸品を
販売するようにもなりました。
またいつの時からか,少しのテーブルで,簡単な田舎料理(お汁粉,蕎麦,漬物など)も出すように
なりました。そして,いつの時からか,青年が住み着き,名所旧跡への観光案内(人力車,自転車力車,
馬車,馬ソリなどで)をするようになりました。

この建物は,1棟でも,複数の棟に分散されても良く,明確な所有権は問わないこととします。
また構造・規模・階数は自由とします。

面  積 :600u(東西30m,南北20mの矩形,平坦地,道路を挟んで東側に公園
地域指定 :指定なし
前面道路 :南側12m東側6
都市設備 :電気・ガス・上下水道完備
その他  :敷地は東西に長い角地です。敷地周辺の環境については,応募者が自由に想定して下さい。
      
平成22年4月現在,高等学校在籍の生徒。
応募は個人とします。グループでの応募は不可とします。

a.設計主旨
b.配置図兼1階平面図 縮尺:1/100
c.各階平面図     縮尺:1/100
d.立面図(2面)   縮尺:1/100
e.断面図(1面)   縮尺:1/100
f.その他の表現は応募者の自由とします。

A2判厚紙(420mm×594mm),紙質は自由とします。

 ※1 縦使いとしますが,紙面上の方位の向きは自由とします。
 ※2 パネル化はしないでください。

手書き,CAD,墨入れ,着色等の表現方法は自由とします。

応募者の氏名,学校名(科名),学年,応募者の在籍する学校の郵便番号,住所,電話番号,
FAX番号を記入したA4サイズの用紙を封筒に入れ,図面と一緒に梱包の上,郵送または
宅配便で送付してください。
また,図面の裏面に学校名,氏名を明記してください。

平成22年7月28日(水)当日消印有効

道都大学美術学部建築学科
〒061-1196 北海道北広島市中の沢149番地
電話:011-372-3111 FAX:011-372-8367

審査委員長   倉 本 龍 彦(道都大学教授,国際建築研究所長,建築家)
学生審査員   過去に本コンクールにて,作品応募した道都大学の在学生
        
今年度より審査は本審査のみを行い,前回までの第一次審査,および第一次審査通過者による
公開審査は行わないことになりました。審査結果は平成22年8月22日(日)に開催される
道都大学オープンキャンパスにて発表するとともに,賞状および賞品については高等学校宛に
送付します。

最優秀賞   1点 賞状および賞品:図書カード 3万円
優 秀 賞   2点 賞状および賞品:図書カード各2万円
佳  作   7点 賞状および賞品:図書カード各1万円
倉本特別賞  点 賞状および賞品:図書カード 1万円
学生審査員賞 点 賞状および賞品:図書カード各1万円
奨 励 賞   20点(以内)賞状

審査結果は,応募者が所属する高等学校へ通知するほか,道都大学ホームページ,道都大学
国際建築研究所機関誌“IGLOO”第36号,及び第7回道都大学美術学部高校生住宅設計コンクール
入賞作品集に掲載します。
なお,上記掲載を辞退される方は,事前に担当者まで連絡下さい。

応募された図面は返却いたしません。
応募された作品の版権については,道都大学に帰属するものといたします。

http://www.dohto.ac.jp/comp10/

本コンクールの入賞者は,ジュニアマイスター顕彰制度(主催:(社)全国工業高等学校長協会)の
得点として申請できます。


応募者の中で道都大学美術学部を受験する生徒には,AO選考等のポイントとして評価されます。
また,入学後には申請により,建築学科専門科目「アクションプログラムT〜[」の単位の一部
として認定されます。

道都大学美術学部建築学科
担当 :建築学科 教授 伊藤 寛  
E-mail:kitoh@dohto.ac.jp
電話 :011-372-3111  FAX:011-372-8367









第6回高校生住宅設計コンクール2009入賞作品はこちら

第5回高校生住宅設計コンクール2008入賞作品はこちら

第4回高校生住宅設計コンクール2007入賞作品はこちら

第3回高校生住宅設計コンクール2006入賞作品はこちら

第2回高校生住宅設計コンクール2005入賞作品はこちら


第1回高校生住宅設計コンクール2004入賞作品はこちら



道都大学美術学部建築学科

〒061-1196北海道北広島市中の沢149
TEL 011-372-3111
FAX 011-372-2580

http://www.dohto.ac.jp
E-mail:kitoh@dohto.ac.jp


道都大学HPへ→ ←道都大学HPへ