「本物」の美術の力を養う美術学部 デザイン学科

アート専攻/デザイン専攻/イラスト・マンガ専攻

Faculty of Fine Arts Department of Design

美術の基礎を学びながら学生の得意を伸ばす。
作品づくりに没頭できる環境が整っています。

デザイン学科では、絵画やコンピュータグラフィックをはじめ、
木工や陶芸、テキスタイルなどさまざまなアート、
マンガ・ガラス工芸など道都大学ならではの学びが充実しています。
夜遅くまで灯りの消えないアトリエ棟では、
1年生から4年生、卒業生まで毎日のように作品づくりに没頭。
教員も学生の創作活動を後押ししています。
公募展への出展や個展の開催など、
学ぶことの楽しさが拡がります。

デザイン学科3つのポイント

Point 01.

Point 01.

デザインと美術の両方が学べる

1・2年次のカリキュラムでは美術とデザイン、それぞれの基礎を、初めてから、技術をもった人まで、幅広く学びます。3年次以降はゼミ形式で、グラフィックデザインやインテリアデザイン、CG、絵画、彫刻、工芸など多彩な専門分野から選択。専攻も新たになり、ますます学びが充実しています。

Point 02.

Point 02.

公募展やコンクールに出品

在学中から道内外の公募展、国際コンペにも積極的に挑戦し、多くの学生が成果を上げています。また、学内外の個展やグループ展の開催に向けてもサポート。作品づくりに没頭できる環境です。

Point 03.

Point 03.

道内4年制大学で唯一!『イラスト・マンガ専攻』 新設!

イラストレーションやマンガを専門的に学べる専攻は道内の4年制大学で唯一。いがらしゆみこ先生や三上いずみ先生などプロのマンガ家やイラストレーターから専門的な知識や技術が学べます。デザインの基礎を身につけたうえで、専門分野を追求するという基本コンセプトは変わっていませんので、イラスト、マンガ専攻を選びながらも、絵画、彫刻、グラフィック、WEB、CGなど幅広い知識と技術が同時に身につきます。さらには教職課程を履修することで、イラストやマンガを専門とする新しい美術教員を目指すことができます!

VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ