即戦力の建築士をめざす美術学部 建築学科

建築プロフェッショナル専攻/建築デザイン専攻

Faculty of Fine Arts Department of Architecture

美術学部としてデザインと暮らしを考え
地域と世界を題材に生きた建築を学びます。

デザイン性に優れた建築で人の暮らしを豊かにすること、
新しい建築デザインの可能性を探求すること。
道都大学の建築学科には美術学部ならではの学びがあります。
現役で活躍する講師陣による生きた建築の講義、
学内コンペなど在学中からプロを意識した学びが将来像を照らします。

建築学科3つのポイント

Point 01.

Point 01.

建築士資格試験に対応した
カリキュラム

2つの専攻に分かれていますが、どの専攻で学んでいても、卒業時には二級建築士の受験資格が取得できます。さらに、実務経験を必要とする一級建築士の資格試験にも対応したカリキュラムを編成。資格取得に向けた講座を開き、在学中から資格試験合格をサポートします。さらに教職課程を履修すれば工業高校の教員免許も取得可能。このほか将来のキャリアを支えるたくさんの資格が在学中に取得できます。

Point 02.

Point 02.

美術学部ならではの
デザインカを学べる

美術学部に属する建築学科としての利点を活かし、デザイン系の学びを重視して科目を構成しているのが特徴です。少人数教育で、学生と教員との距離が近く、授業外の作品づくりの場でも教員がていねいに指導。講義だけでなく、ショールームや地域の建築物を実際に見て歩くフィールドワークで、デザインの感性を養います。また、デザイン学科の授業を履修し、学びを深めることも可能です。

Point 03.

Point 03.

早期に職場を体験し
就職満足度を高める

現場を知り、仕事を知ることができるインターンシップ。どんな職種があるのか、さらに現場向きなのか設計向きなのかなど在学中に企業での仕事を体験することで、ミスマッチ就職を防ぐことが狙いです。希望する学生には2年次の後期から主に札幌近郊や地元などで、2週間程度の研修を実施。研修先は、本人の意志を尊重しながら選定しています。

VOICE 在学生・卒業生インタビュー 教授・講師からのメッセージ